血管外科(さいたま市立病院)のホームページ

・閉塞性動脈硬化症とは

・閉塞性動脈硬化症の診断
閉塞性動脈硬化症の症状

閉塞性動脈硬化症の治療法

閉塞性動脈硬化症の治療法

治療方法には以下のようなものがあります。

1.内服治療
血管拡張剤、抗血小板剤、抗凝固剤などを内服し、積極的に歩行していただきます。これにより、主幹動脈が閉塞していても迂回路が太くなって下肢の血流が増加し、症状が改善する場合があります。

2.血管内治療(IVR)
動脈硬化で狭くなっている部分まで風船付きのカテーテルを挿入し、風船(バルーン)で狭い部分を拡張させます(PTA:経皮的血管形成術)
その後ステントと呼ばれる金属製の筒状の金網のようなものを挿入し、拡張した状態を維持します。成功すれば劇的に血流が増加し、症状が改善します。皮膚を切開しなくて済む体への負担の少ない方法です。
しかし、ステントを挿入するのは原則的には足の付け根の動脈より心臓よりの動脈までとなります。大腿部より末梢の動脈の狭窄病変に対しては、バルーン拡張のみを主体に行います。理由は、足部の動脈は運動により曲がったりしますが、ステントが入っている動脈は屈曲しにくくなり閉塞しやすいという理由や、のちにバイパス手術が必要になった場合にステントが入っていると手術が困難になるなどの理由によります。

金網が筒状になった金属ステント動脈狭窄部にステントを留置した様子を再現したモデル
上の写真左がステントです。写真右のように、狭窄部に留置されます。
実際の治療例を下に示します。

閉塞性動脈硬化症で腸骨動脈が狭窄した血管造影像狭窄部が拡張した後の血管造影像
     拡張前                  拡張後
狭窄部(赤の矢印)はきれいに拡張され、下肢の血流は著明に増加しました。

3.外科的バイパス手術
動脈の閉塞した場所や、閉塞した長さによっては血管内治療ができません。
その場合には動脈が閉塞した部位を橋渡しする形で、自分の血管や人工血管を使ってバイパス手術を行います。症状は劇的に改善します。
浅大腿動脈が閉塞している症例のMR写真 バイパス手術後のMR造影像
         バイパス前                       バイパス後

前へ 閉塞性動脈硬化症トップへ