血管外科(さいたま市立病院)のホームページ

吸収性ステント

最新情報   吸収性ステント 


当科では、2月より慶応大学外科血管班(尾原秀明)主導で行われる、吸収性ステントの臨床治験に参加・実施を行います。
閉塞性動脈硬化症による腸骨動脈の閉塞・狭窄病変に対して、従来の金属製ステントではなく、約1年ほどで体に吸収される新世代のステントです。このステントは、ヨーロッパではすでに市販され安全性が確認されています。
患者様のご希望がある場合には、従来の金属ステントに加えて上記ステントを治療法の選択肢の一つとしてお選びいただけます。